青年倶楽部

文法等がメチャクチャでも気にしないでネッ

ヒップホップヘッズが選ぶ、オススメサクラップ。

どうも、ゆたまるです。

 

なぜだか読者様がいっぱい増えました。とても嬉しいです。

こんな男の稚拙な文章を読んでいる人がいるというのは、励みになります。

 

これからもジャニーズやヒップホップなど、好きなことを語っていきたいと思います。

 

 

さてさて、みなさん「嵐」というグループをご存知ですよね?

ご存知という形で勝手に話を進めていきます。

その嵐の曲の中に”サクラップ”というものが存在します。

決してニュークレラップの新商品とかではありません。

 

メンバーの櫻井翔さんが自分自身で書くラップ、それが”サクラップ”というものです。

 

そのサクラップはシングル曲やカップリング曲、様々な曲に入っています。

最近のシングル曲だとDaylightとかですかね、松潤主演の「99.9 刑事専門弁護士」の主題歌です。来年の1月にseason 2がやるみたいですね、楽しみです。

 

さぁそんなサクラップですが

 

 

めっちゃかっこいいです。

 

僕は普段から色んなラップを聴いたりしているので、そういった観点から見てもかっこいいです。

そんな数あるサクラップの中からオススメの曲をご紹介&解説していきたいと思います。

 

まず一曲目。

 

マダ上ヲという曲です。

 

こちらは「僕の見ている風景」というアルバムに収録されています。

曲全体の雰囲気でいうとダークでセクシーといった感じでしょうか。

2番のサビが終わった後、サクラップに突入するのですが、

 

始まりからかっこいい。

 

”"なぁ…もう二人でどこか隠れよう"

ゆるやかにslow 頷くまつ毛(oh)

月の射す窓 わずかに顔

ほとんどが見えずにshadowなの(嗚呼…)”

 

この4小節でもう既にエロさがにじみ出ています。搾りたて牛乳のように溢れ出ています。

”窓”、”顔”、”shadow”、”なの”と、小刻みに韻を踏んできます。

これはサクラップの特徴でもあると思います。

割と簡単な二文字三文字の韻を畳み掛けるように踏んでくる、そこがサクラップの醍醐味ではないでしょうか。

また”ほとんどが見えずにshadowなの”の言い方がかっこいいんすね、ちょっとクレイジー感が出ててたまりません。

 

”また天井が傾く

身体が心を欺く(たかぶる)

唇が足りず…してもしても

理性をリセット It's too late”

 

ここのエロさよ!!さすがan.anでヌードを披露した男!!

”傾く”、”欺く”、”たかぶる”、丁寧に踏んできたと思いきや

”してもしても”、”理性を”、”リセット”と、高度なライミングを見せてくれます。

そして最後”It's too late”、「もう手遅れだ」と吐き捨てます。

 

こんなこと言われたら喜んで理性をリセットしたくなりますよね、いくらでもコンテニューしたいです。

 

続いては

 

Theme of ARASHIという曲です。

 

少しマイナーになってきましたね、こちらは「HERE WE GO!」というアルバムに収録されております。

 

この曲、非常にイントロが長いです。

冒頭でモンハンのサウンドトラックかっていうぐらいの壮大な音楽が流れます。狩りに行きたくなります。

 

2分を過ぎた後、サビに入ります。

 

その後にサクラップが入ってくるのですが、これがかなり高度でかっこいいです。

おそらくこのころはまだ尖っていたのではないでしょうか、いわゆるチャラらいですか。正直言うとそんなに売れてなかった時期ですから、ゴリゴリにやりたかったのでしょうね。

だってまずrap詞の所に”SHOW”と明記されていますからね。田中聖でいう”JOKER”みたいな感じですね。これは尖ってますわ。鉛筆ぐらい。

 

”so so partyで騒ぎ出す人も

とうとう周りの輪を乱すほどに

嵐探しshout outしっぱなし

ただし辺りガラーっとするはなし”

 

これでもかというほど韻を踏んできます。

”party”、”騒ぎ”、”周り”、”嵐”、”探し”、”shout outし”、”ぱなし”、”ただし”、”辺り”、”はなし”…

多いわ!!思春期の男子高校生のニキビかってぐらい多いです。そんなには多くないか。

4小節でここまで叩き込むかと、彼のトンガリ具合が伺えます。

 

”太陽光にかぶる雲、毎十秒近付くスロー

「確かな駆け出し」果てなき雨降らし

そして奏でる五人囃子”

 

”太陽光”、”毎十秒”、気持ちのいい踏み方です。

”雲”、”スロー”と、比較的簡単な韻を踏んだかと思えば

”駆け出し”、”果てなき”と踏み、最後は

”出し”、”らし”のつながりで”五人囃子”と、「あい」の母音でさらに細かく踏みます。

五人囃子って言葉のチョイスがまた良いですよね。

 

”それは雨除けワイパー壊すぐらいだ

地団駄踏んでみんなリタイヤ

世紀ミレニアム股にかけ

長い夜明けて朝になれ”

 

”ワイパー”、”らいだ”、”タイヤ”と踏みつつ

”股にかけ”、”朝になれ”と五文字で踏みます。怒涛ですね。

 

”そうさ確かに青二

しかし5人と共にさらおう時代

小さい予報士たちも去ってすぐ(yell it out)

俺ら嵐がやってくる”

 

ここは少し無理矢理かもしれませんが、”青二才”と”さらおう時代”で踏んでいます。これも高度ですね。

そして”小さい”と踏み返し、前の2小節で踏んでたケツの韻を3小節目で先頭に持ってくる、ラップを分かってる人だからこそ書けるリリックです。

そして”去ってすぐ”、”やってくる”でトドメをさします。これはやられますね。

彼が尖っていたからこそ書けるライム、声もしびれるぐらいかっこいいので是非聴いてみてください。

 

続いては

 

Rock thisという曲です。

 

こちらは「Beautiful World」というアルバムに収録されています。

 

アルバムの先頭の曲からサクラップはしびれますよね。

 

”Hey!Are you ready my ladies?

Let's get the party started babies

今から未定です(what's!?)

見える明日を過ごすのはてんで御免です”

 

いやぁかっこよすぎるだろうよ。

こちらのサクラップはメンバー全員で歌う感じですが、しょっぱなの英語よ。発音よすぎてスピードラーニングかと思いました。

 

”babies”と”ladies”という簡単な韻ではありますが、イケイケですよね。

 

”嵐まだ見えぬ彼の灯り探し彷徨う空中

じわりと迫り来るmy crew

不可能を可能 we're like a スサノヲ”

 

イケイケのごり押し。

”嵐”、”灯り”、”探し”で踏んだ後にご注目。

”迫り来る”と”my crew”、日本語と英語をうまく踏んでます。

”可能”と”スサノヲ”の踏み方、櫻井翔ならではの言葉のチョイスが光ります。

僕は”不可能を可能 we're like a スサノヲ”の部分が大好きです。

 

”悔しさという名の導火線

空へと遥か届かせ

此処から我々にお任せ

あなた方の前じゃ誤魔化せんぜ”

 

”導火線”、”空へ”、”届かせ”、”お任せ”、”誤魔化せんぜ”

いやぁ気持ちよく踏んでくれるぜ彼は…

 

ただでさえ曲だけでもかっこいいのに、ライブになるとカッコよさが倍増します。当社比2倍です。ぜひみなさんライブDVDご覧になってください。

 

さぁ、最後です。最後の曲は…

 

 

T.A.B.O.Oという曲です。

 

こちらは翔さんのソロ曲となります。「僕の見ている風景」に収録されています。

 

もうファンの間ではこの曲はエロの定番みたいになってますよね。

衣装、声、ダンス、歌詞、そして彼という存在がエロさをぐんぐん引き上げます。

 

”気になんならもうこっち来いよ

今を忘れる刹那の恋と想いを

ya like my 踊り子

Uh uh ha ha sh sh ha...”

 

ああ、もうエロい。

”気になんならもうこっち来いよ”って、いますぐ行きますよそんなの。

”来いよ”、”恋と”、”想いを”、”踊り子”で華麗に踏んでます。

”ya like my 踊り子”は「お前はまるで俺の踊り子みたいだぜ」って意味ですね、喜んで踊りたくなりますよね。

 

”また夜が襲う(yeah)

貴女の香り指に残る(uh)

無邪気な顔でまた汚す(It's)

T.A.B.O.O”

 

”襲う”、”残る”、”汚す”と、さらにエロく踏んできます。

”貴女の香り指に残る”って、どんだけ密着してるんや。

そして”無邪気な顔でまた汚す”のとこ、かっこいい!!

おそらく彼はこの詞をあの無邪気な顔で書いたんでしょうね、リスみたいな顔してとんでもねぇぜ櫻井翔

 

”二回のwink 額とリンク

左を見る ”しないの?キス”

光閉じる 未開の地図

蜂の巣の奥の蜜”

 

ここのライミング、ハチャメチャにエロいですけど、かなり高度なんですよ。

全部「いあいおいう」で踏んでるんです。六文字の韻を六回も踏むなんて、精度高すぎます。本当さすがですね。

最後の”蜂の巣の奥の蜜”まで全部同じ韻で畳み掛ける、恐るべしです。

 

”蜂の巣の奥の蜜”

 

ここの部分、みなさんこう思いませんか?

 

 

 

女性のアレやん…

 

いや女性の皆様には本当申し訳ないです、やはり僕も男性ですからそういった考えと捉えてしまうんです。

要は女性のアレから出てくる汁ってことですね。多分コンプラかかってるかな。

「お前下ネタ大好きかよ」と思った方!違うんですよ、確かに下ネタは大好きですけど、そういった意味だと考えた時によくこのフレーズが浮かんだなと思うんです。彼のリリックのセンスを僕は賞賛しているだけなんです!翔さんだけに!

 

もう”蜂の巣の奥の蜜”で浮かぶ人物は翔さんとプーさんだけになりますね、ウォルトディズニーに肩を並べました。

 

T.A.B.O.Oはエロい曲という風に有名ですが、ライミングを意識してみた時にさらにこの曲の良さに磨きがかかると思いました。

 

 

さあ、いかがでしたでしょうか。

本当はもっとサクラップ紹介したいのですが、主に伝えたい曲をあげました。

もっと他のサクラップも解説してほしい、この曲のサクラップを解説してほしいなどのご意見がありましたら、コメントにてお願いします。

 

これからはみなさんも、かっこいいサクラップとして聴くだけでなく、ライミングも意識して聴いてみてください。よりサクラップのかっこよさと彼の奥深いセンスが味わえます。

 

まぁつまり

翔さんを賞賛したこのブログ、彼のセンスにみんな降参。

ってとこですかね(※ヒップホップ好きあるある:余計な韻を踏みたがる)。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

良いブログだな貴様と思った方ははてなスターをぶん投げて読者になってください。よろしくお願いします。

Twitterの方もフォローお願いします。

@jfanboy_y